避妊できたか確かめる方法

避妊できたか確かめる方法

アフターピルは低用量ピル量ピルと違い薬に入っているホルモン量が違うのが特徴です。

またいざいう時に避妊をしっかりしてくれるので持っているだけでも安心できますよね。
女性はお守りとしてアフターピルを持ち歩く人もいます。

普段はコンドームで避妊をして何か特別な日にコンドームを着けずに性行為をおこないアフターピルで避妊をするというカップルもいます。

また最近では副作用の吐き気や嘔吐といった症状が抑えられ、避妊の効果も高いノルレボ法を用いたアフターピルも存在します。アフターピルを持っているだけで避妊に失敗しても妊娠を防ぐことができるのです。

アフターピルを服用して避妊に成功したか判断する方法として消退出血という出血が見られます。

◆1.消退出血がおこる理由◆

消退出血は避妊に成功した時におこる出血です。消退出血が起こる期間はアフターピルを飲んだ日から3日後~3週間以内に見られます。子宮内膜を剥がすことによって出血します。

消退出血は生理が起こる構造と同じです。しかし、生理周期以外で人工的に起こすのでアフターピルの副作用でしばらくの間は生理周期が安定しなかったり、生理の量が重くなったりすることがあります。

またこの期間におこる出血は避妊に成功した証ですが、3週間を過ぎても出血が見られない場合は妊娠している場合もあるため妊娠検査薬、もしくは産婦人科を受診しましょう。

◆2.便利だからと何度も服用しない◆
ピルの繰り返しの服用はダメ
アフターピルは避妊に失敗した時に服用で来て毎日服用する低用量ピルと違い便利な分体への負担も大きいので何度も服用はしてはいけません。1回服用したらしばらくは体を休ませてあげましょう。生理の周期が安定してきたころに使うのがいいでしょう。

◆3.避妊のまとめ◆

避妊は男性だけでも女性だけがするものではありません。お互いが協力し合いながら避妊をしましょう。